2018年12月31日

ヘッジオンライン事業譲受について

会員制国際政治経済情報プラットフォーム事業譲渡について

Plus Plus Group社はSBIハイネットワース社が運営する情報サイト「hedge online」を2018年12月31日付で事業譲受し、引き続き「hedge online」として運営を開始致します。

「hedge online」は情報感度の高い個人投資家や、国内外に多く資産を保有する資産家、資産運用業務や助言に従事する専門家など幅広く会員を募集し、国際政治経済の情報提供を日次で行う有料のオンラインサロンという位置づけのもと、完全クローズドで運営される情報プラットフォームです。

「hedge online」の情報コンテンツの特長は、「グローバルマクロ分野の専門家が国際資産運用というエッジを利用して国際政治経済情勢において独自の視点で情報発信すること」「同じ専門家が継続的に情報を発信し続けること」の2点です。

速報性や網羅性を重視する一般的なニュースサイトとは異なり、主に国際情報を深く掘り下げ、日々、会員の皆様の資産運用能力の向上や国際ビジネスの展開に資する、価値ある情報に変えて発信するユニークなサービスとなっています。

情報発信者は、欧州系投資顧問会社でヘッジファンドマネージャーとして活躍する塚口直史氏と、国内独立系マクロ経済リサーチ会社株式会社でエコノミストとして活躍する藻谷俊介氏の2名が務めます。

欧州を拠点に活躍する塚口直史氏がヘッジファンドマネージャーの観点で発信するデイリーの情報と、国内外のあらゆる経済指標を分析して世界情勢をあぶりだしていく藻谷俊介氏のウィークリーの情報が織り交ざるプラットフォームとなっており、会員の方には両者の対談・論議など非常に興味深い情報を提供してまいります。

今後ますます多極化にむけて世界が動き出し国内外において不確実性が高まっていく中、投資にとどまらずビジネスや生活の各シーンにおいて、世界各国の政治経済情勢へのインサイトが求められていきます。しかしながらリアルタイムで海外の政治経済を体感でき、独自の視点を構築できる経験シーンはまだまだ少ないと考えています。そのような背景のもと、今回の事業譲渡において、「hedge online」のプラットフォームを通して、「海外」「資産運用」「情報」というキーワードを軸に、投資家やビジネスマンの潜在的な運用やビジネスニーズを掘り起こすとともに、そのニーズに応え会員の皆様をサポートする国際金融市場や国際政治経済におけるインサイトを主とした情報発信やサービス展開を日次で行ってまいります。今後ともご愛顧のほどをよろしくお願い申し上げます。

Tadashi Tsukaguchi Official MAIL MAGAZINE